神戸市御影 学校に行きづらい子のための新しい学び舎 | 二求の塾とは?

二求の塾とは?

小さな芽が立派な大きな樹に育つまで
二求の塾が見守ります

二求の塾トップページ > 二求の塾とは?

学校に行かない生き方があってもいい。立ち止まって生き方の指針を模索したい。

二求の塾は、不登校生や引きこもりの子どもの元気を取り戻すために立ち上げた新しいタイプの学び舎です。学校に行けない子の居場所をつくり、学校外教育で「生きる力」を身につけます。

二求(にぐ)とは 良き師を求め、良き友を求める

「二求」という名の謂れは、「人生において良き師を求め、良き友を求める」という教育理念から来ています。

この「二求の教え」を根本に、学校外教育で生きる力を身につけ、強く歩んで欲しいと願います。

どんな子も受け入れます

ただし、ひとつだけ<約束事>があります。
それは「何をしていいか分からずに立ち止まったり、苦悩している人」であること。
そんな人に来てほしいのです。

この塾は、無意識にしろ「人生の意義を求めて悩んでいる人」のために開きました。
”苦悩する人は能力が高い”からです。

当塾の教育理念

元気になるための8つの要素 二求の塾の教育の基本は癒し・遊び・学びです

元気を回復するために必要な8つの要素。
それらを「癒し・遊び・学び」を通して感じることで人生を生きるための「心の力」を回復します。

もっと詳しく
元気になるための8つの要素

今の自分から脱したい、と思う君へ

私たちは、自分たちと同じく不登校をして引きこもっている子どもたちが、弱い子だとは決して思いません。学校に行くことが義務であり、責任だと思わないでください。学校の外で雰囲気が合う居場所を見つけ、同年輩の仲間と関わり合いながら元気に育んでもらえたらと考えます。

代表メッセージ
代表メッセージ