神戸市御影 学校に行きづらい子のための新しい学び舎 | 二求の塾の教育理念

教育理念

どんな子も受け入れます
新たな一歩を、確かな一歩を踏み出しましょう

どんな子も受け入れます

私たちは、不登校を始めとする「学校」や「社会」に馴染めずに苦悩する若者を、落ちこぼれや弱者としてではなく、「共生・共存」の精神に基づいた、次世代の社会を担う「未来適応者」としての素質を秘めた”優れた若者”であると信じています。不登校の理由は個々によって様々ですが、彼らは本質的に学校に通う目的を見失い、大きくは「何のために生きるのか」と、自身の人生に疑問を抱き、一時的に立ち止まっているだけです。自らの苦悩、思案の末に”人生の意義”を見出せたとき、彼らは必ず動き出します。

人生について苦悩していたり、「人としてどうあるべきか」というような本質的な悩みを持っていたり、人生の意義を求めているならば、ぜひ一度、この塾の門をくぐってみてください。そんな若者一人ひとりの「人生の道」を見つけるサポートを、スタッフ一同、尽力することを約束します。

なぜ不登校し、引きこもるのか

子どもたちが引きこもる原因は、一般的には3つあると言われています。

個人病理説
個人の性格や能力に問題がある。
家庭病理説
両親の在り方や、家庭の乱れが原因である。
学校病理説
学校の価値の低下や、過度の偏差値教育が原因である。

しかし、二求の塾では、もうひとつの原因社会病理説を唱えています。
つまり「戦後の日本社会の在り方に真因がある」という考えです。

この超過度な競争社会では、あるタイプの子は”適応”できないのです。
人間性が高く、心優しい子どもたちが、立ち止まってしまうのです。

では、どうすれば元気になるのか

「空気説」を大切に

「おっとり、しっとり、ゆったり」とした空気をつくる。

このような心優しい子どもたちが、心からホッとするような空気をつくります。そこには”喜び合うっていいなぁ”という雰囲気があります。これが「空気説」です。このようなタイプの子には、そういう静謐な空気が必要なのです。

心からホッとするような空気をつくります

人生の意義をとことん探求する

苦悩するのは、能力がある証拠。
思春期に立ち止まってぼーっと悩んだり迷ったりするのは、能力が高いからです。それは無意識にしろ「自分の人生の意味を模索している」状態。このような人は人間性が高いのです。

この「人間にとっての根源的な問い」を一緒に考え、「ことばの力」で本当の自分らしい生き方を見つけていきます。

苦悩するのは能力がある証拠

元気になるための8つの要素 二求の塾の教育の基本は癒し・遊び・学びです

安心できる居場所での信頼できる仲間との交流、対話。
スポーツやアクティビティで身体を動かし、遊びながら学ぶ。
様々なことを感じ、考え、経験することをサポートします。

人生を生きるための「心の力」は、「癒し・遊び・学び」を通して感じることで回復します。

8つの要素
  • 健康な体づくり

    スポーツを通して生活リズムを正し、健康的な体を取り戻します。

    部活動について

  • 塾生同士の交流

    教え合い、学び合うことでお互いに影響し合い、伸ばします。

    日々の活動日誌

  • 言葉の力・本気の対話

    言葉と対話を通して自分の想いを整理し言葉によって心を開放します。

  • イベント・アクティビティ

    塾のイベントや合宿を通して遊びながら様々なことを経験します。

    イベント・合宿

  • 学力をつける

    勉強の不安・苦手意識を取り除き丁寧な指導で潜在能力を伸ばします。

    コースについて

  • 自由な自己表現

    音楽、絵画などで自分を表現。自分の輪郭をハッキリさせます。

  • ホッとする安心感

    ホッとできる居場所づくりと丁寧なサポートにより信頼関係を築きます。

  • 自然に抱かれる

    ガーデニングや農作業体験を通して自然に触れ、生命力を高めます。