神戸市御影 学校に行きづらい子のための新しい学び舎 | 二求の塾スタッフについて

スタッフについて

スタッフは全員、元不登校経験者。
自身の経験をもとに、子どもたちをサポートします。

二求の塾トップページ > スタッフについて
不登校を通して、新たな人生がはじまりました。

小川 政紀

中学二年生の秋頃に不登校を経験しています。その時はもう人生が終わったと思っていました。しかし、元気になっていく中で、むしろ自分の直感や感覚を信じて生きていけるようになりました。人生を新たに生きはじめることができ、今は不登校してよかったと実感をもって言えます。

自分自身の不登校経験をもとに、同じように不登校をして悩んでいる若者の力になれたらと思っています。むしろ不登校することによって本物の人生が歩み出せることを伝えたいです。

出身校

ピアスカレッジ一般教養学部卒業
(アメリカ・ワシントン州)

得意なこと

スポーツなど体を動かすことが得意です
皆が楽しめるイベントを考えることが好きです

趣味・マイブーム

悩みをとことん聞いたり、話し合うことで、自分自身が成長し学びをもらっています。

スタッフ紹介
向き不向きよりも前向き

張 裕貴

僕は高校二年生の秋ごろに不登校をしました。きっかけは、学校内の裏表のある交友関係が嫌になり、何のために勉強するのか分からなくなったからです。そこから、何のために自分は生まれてきたのか疑問を抱き、その答えが見出せずに動けなくなりました。

そうしたときに、師と出会い、不登校について学ぶ中で、自分の生きる意義が世のため、人のために役立つことであるだと知りました。僕は初めて、他者との関わり合いの中で自分が生きている実感を得ていると気づきました。そうした自身の経験もあり、これから塾に訪れる後輩に言葉を掛けられるような存在でありたいと思います。

出身校

ピアスカレッジ国際コミュニケーション学部卒業
(アメリカ・ワシントン州)

得意なこと

太極拳、絵を描くこと、字を丁寧に書くこと

趣味・マイブーム

休日のジョギング、イベント参加を通じて多様な人たちと出会い、交流すること

スタッフ紹介
完全燃焼する前から諦めるな

堤 由香子

私は中学二年生の夏頃に不登校をしました。不登校し始めの頃は、学校に行こうとすると頭痛や微熱などの症状が表れていました。学校では上辺だけの会話が嫌で、不登校した直後は人間不信になっていました。しかし、師と出会い、仲間と出会い、ありのままの私を受け止めてくれる人がいることを知りました。何か人として悪いことをした時は、真剣に怒ってくれる大人がいて、自分自身に本気で向き合ってくれる人がいるということが嬉しかったです。と同時にだからこそ元気にならないと、と思いました。

悩んでしまい、どうしても新しい一歩が踏み出せない時は出口の見えないトンネルの中にいると思います。二求の塾のスタッフは全員が不登校経験者です。だからこそ、共に学び色々な話をしていきましょう。同じ経験をしているからこそ、話せることが沢山あると思います。ここで本当の人間関係を築きましょう。

出身校

東京女学館大学 国際教養学部卒業

得意なこと

ギター演奏、バレーボール

趣味・マイブーム

歴史的名所を観光すること。

スタッフ紹介